義母の葬儀

先日義母が亡くなりました。具合が悪いと救急車で運ばれてから4日後の事でした。
日曜日には孫の顔が見たいと家まで遊びに来てくれ、一緒に買い物に行ったばかりなのに、病院で医師に説明されたのは末期のがんであるということでした。
娘である義妹には、「風邪をひいたみたいで最近調子が悪い」と言っていたそうですが、義母本人も私たち家族もまさか、末期のがんだとは思いもよらないものでした。
闘病すら出来なかった義母ですから、死後の準備などは何もしておらず、私たちも何から始めていいのか分からない状態でした。

親戚に連絡をした後は、すぐに葬儀の手配をしなければなりませんでした。
幸いにも親切な葬儀会社の担当の方と知り合う事が出来、すぐに会場を抑えることは出来ましたが、問題は葬儀費用でした。
義両親は義父と義母の二人で生活をしていましたが、お金の事は全て義母に任せていたため、どの通帳にお金が入っているか全く分かりませんでした。

葬儀は家族・親戚だけで行う家族葬を選びましたが、それでも費用は100万円以上かかりました。東京での葬儀は、他の都市と比べると多少高く設定されていました。
葬儀費用の内訳としては、葬儀一式の費用。参列して下さった方の飲食費。また寺院へ支払うお布施が主な支出でした。
一番大きかったのが、葬儀一式の費用でした。一式と言っても祭壇にかかる費用や霊柩車、お柩の費用が入っていますので、安い祭壇にするとその分費用も抑えることが出来ます。
一般的な葬儀費用は、200万円とも言われていますので、家族葬にした分、費用もあまりかかることはありませんでした。
また香典を頂く事が出来ましたので、その分を葬儀費用に充てることもできましたので、なんとか葬儀費用を支払う事が出来ました。
今回の事で、葬儀費用をあらかじめ用意するという事はとても大切なんだなと、あらためて実感しました。

東京での葬儀

先日、東京での葬儀に参列してきました。地元での葬儀には何度か参列したことはありましたが、東京の葬儀は初めての参列でした。
東京都の葬式ガイドであらかじめ調べてはいたものの、やはり東京は人口が多いため、すぐに通夜・葬儀を行う事が出来ず、何日か待たなければいけませんでした。
病院で親戚が亡くなった後、葬儀社に連絡をし、遺体を葬儀社に運んでもらいまし た。葬儀までの間、遺体は葬儀場に安置していました。
安置している間も、葬儀社の方がドライアイスなどで遺体を冷やし、綺麗なまま保つことが出来ました。

その後、通夜を行い終わった後は、通夜振る舞いとなりました。
私の地元での通夜振る舞いは、家族・親戚だけで行いますが、東京は故人と生前親しくしていた 友人などにも声をかけることから、沢山の参列者の方たちと通夜振る舞いを頂きました。
翌日、告別式を行い他の親戚とともに葬儀社に用意していただいたバス に乗り、火葬場へと向かいました。
火葬には1~2時間かかるという事でしたので、その間に皆で昼食を取る事になりました。時間が来ると係員が呼びに来てくれ、全員で収骨室へ向かい骨上げをしました。
収骨は足の方から骨箸を使い箸渡しをしながら喪主の持つ骨壷へと収めていきました。

全ての作業が終わったところでまたバスに乗り葬儀場へ戻り遺骨や遺影、位牌を安置し僧侶に読経していただきました。
ここで葬儀が全て終わりましたが、故人の自宅で後飾り祭壇を整えるために遺族とともに自宅へ向かいました。
通夜・葬儀は二日間で終わりましたが、それまでに何日かかかってしまったため、葬儀が終わるとどっと疲れが出てしまいましたが、心に残る葬儀になりました。

葬式の料金は人によって変わる?

おはようございます。本日はなんとも言えず、風が冷たいですね。風が吹かなければ、ぽかぽかと暖かい気候です。もう6月ですから、この気候が望ましいですね。ついこの間、山間では雪が降った…というか、積もりました。6月なのに…。もう夏も近づいてきていますから、もっと暖かくなってほしいですね。
さて、ついこの間、4年ぶりに会う友人、といっても、主人の友人なのですが、ばったり会いました。その友人は実家が葬儀屋でしたが、『どうですか?葬儀屋の方は』と聞くと、もうやめてしまったというのです。やはり大手にはかなわないようですね。
昔ながらの葬儀屋でしたから、それなりにやり方もあったようです。お葬式の料金も、人によって規模や形式が変わるので都度見積もりをしながら価格が変わるような対応をしていたようですが、最近は一律固定のパック料金を表示している大手にはかなわない、とのこと。景気が回復してきているとはいえ、やはり個人では難しいですね。
人によって料金が変わる、とのことでしたが、昔ながらの家族経営の葬儀屋はほとんどがそうみたいです。そのような時には、『故人のためにケチケチしたくない』という心理がほとんどの人にあるようで、お財布のひもが緩むそうです。
お葬式を依頼するなんてそうそうないことですし、料金比較もほとんどの場合行いません。
でも今は、お葬式も大手に依頼しますから、そんなこともありませんね。
でも、機会があった時には、ケチるわけではなく、しっかりと料金比較をしたいものです。